ちょっと不真面目に生きてみる

日常・生活

基本的に真面目

 私は基本的に真面目だと思う。言われたことは大抵守るし、間違ったことであれば修正する。時間も守る。出勤していた時は、始業の40分ぐらい前には出社していた。周りからも真面目な風で見られていた。

 学生の頃からあまり不真面目な行動をすると、「そういうイメージじゃないよね。」なんて言われていた。あまり気にしないようにはしていたのだけれど、社会人になってから何となく周りから「真面目」というイメージが植え付けられたような気がする。若しくは、期待に応えるように「真面目」を演じてきたのか。ちょっと分からなくなる。

 確かに私は融通の効かない所もある。曲がったことは嫌である。それも度が過ぎると息苦しくなってくる。少しは寛容に、大きく物事を捉えていければ楽になるのにと思う。もう少し自分中心で考えても良いのではないかと思うようになってきた。

 道徳に反しないことや、人として間違ったことをしなければ、少々不真面目に生きたって良いんじゃないのかな〜。少し肩の力を抜いて、難しく考えずに、周りの目を気にせずにね。

 真面目という言葉には、世の常識というか同調圧力的なものが見え隠れしていると感じる。だから真面目にしていないと、なんか怒られるような気がする。そうしていないとビクビクする。

 しかしよくよく考えてみると、怒られる必要なんてないじゃないかと思う。他の誰かが私の言動・行動に不快感を持って怒ってきたとしても、それは私にはどうしようもできないこと。

 非礼なこと、侮辱的なことは別として、私が取った行動に対して怒られたとしても、又は批判されても、あ〜そうですか、という以外ないような気がする。いくら弁明しても、他の誰かとは前提条件が違うというか、考えているスタートラインが違うので、議論にならない。世の中、そういうことばっかりのような気がする。

人の期待に応えない

 そんなことで、これからは少々不真面目に生きていこうと思う。人と同じことをしなくても良い。同じレールに乗る必要もない。考えが違くともガックリする必要もない。

 良い意味で人に期待をしないこと。同調を求めるようなことをしないこと。そんな中でも、人を尊重し、人としての道を守り、世の中の大きな流れに乗っていれば、今は少々不真面目でも充分生きていける時代だと思う。生き生きと、心穏やかに、暮らしていければ良いと思う。

おしまい

コメント