安易に批判することについて考える

日常・生活

経験値

 50歳を過ぎてくるとそれなりに経験値も上がってくる。なんとなしに学校を出て就職し、結婚、マイホーム購入、会社での昇進、そして休職と。世の中には様々な情報や知識が溢れているけど、実際に経験してみるとその事象の裏に隠れている色んな事情や背景が見えてくる。

 仕事であれば、その業界に身を置かないと本当のところの仕組みなんかは理解できないのではないかと思ってしまう。とある案件が新聞の記事に出たとして、その案件を正確に表すことは相当取材なり検証しないと、良い記事は書けないと思う。実際、その業界を経験している自分がその新聞記事を読むと、どうも記者が捉え違いしていて本質的な部分を表現できていないと感じる時がある。

 そういう記事を読む読者は、新聞が書いているのだから正しいと思ってしまう。結果、思い違いをしてしまう。今までの自分がそうだったから。だが、年齢を重ねてそれなりに経験してくると、新聞やメディアが言っていることは、それほど信用しない方が良いと思うようになってきた。

過程をよく見る

 SNSなどで色んな批判をしてくる人がいるけど、私のこれまでの拙い経験をもとにすると、安易に物事を批判することは避けた方が良いと思う。よくよく調べて考えて、その業界の慣習や背景などを見てからでないと、そう批判できるものではない。

 新聞やメディアの言っていることを鵜呑みにするのは危険だと思う。それなりの組織であれば、色んなことを考え分析し、試行錯誤しながら世に出している。その過程には様々な人の手が入り協力しあっている。だがSNSだと表面だけしか見えてこない。過程を説明している部分もあるけど、それすら読もうとしない。表に出ている事だけで批判してしまう。

思考の柔軟性

 人はどうしても自分の価値観に頼って判断してしまう。それ以外は想像がつかないのだと思う。だけど、これまでの経験をもとに考えていければ、そこには多少なりとも想像力が発揮できるのではないか。

 自分が所属している業界ではこうだけれども、この業界はどうなんだろうと、これまでの経験から応用して考えることもできる。頭を柔らかくして心を素直に思考を巡らせれば、そう批判することも無くなるかもしれない。

 もっというと、応援する気持ちがあれば安易な批判は無くなるのではないかと思う。もし応援する気持ちがないのであれば、そこからから離れること。遠ざけること。自分には関係ない所では批判しない。時間が勿体無い。そんなことをふと思った。

おしまい

コメント