関心と干渉の違い

普段の生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

関心は暖かい心

 関心と干渉について、この違いについてこれまではあまり気にしていなかったように思う。これまでの自分は、関心よりも干渉することの方が多いかったのではと思う。

 関心と干渉の違いってどういうことなのか、自分なりに考えてみた。

 関心は、イメージとしては暖かい心とか、相手や物事の良い点をみようとする心があると思う。興味があるとも言えると思う。

 興味があって相手なり物事を知りたい、そしてできればその良いところを自分の中に取り込みたい、関心にはそんな感覚を持っている。

干渉は冷たい心

 一方、干渉は、イメージとして冷たい心、批判的な心、もっと言えば悪い点を探すような心ということを抱いている。干渉には、相手をコントロールしたいと思う心や、自分がイライラしているところもあるように思う。

 どうして干渉したいと思うような気持ちが出てくるのだろうか。そこにはイライラするような気持ちや相手をコントロールしたいと思う気持ちがどうも作用しているのだと思う。

 自分が出来るのに、または自分はこう考えているというようなとき、相手や物事がそうなっていないと思える時に、干渉するような心が芽生えてくると思う。そういうときは大体イライラしている。

 どうしたらこういう気持ちを抑えることができるのか。またはそういう気持ちになってもイライラしないようにできるのか。

 それには、相手なり物事を変える力は自分にはないんだということを、しっかり理解することが大事だと思う。加えて、その相手なり物事が今の自分に関係しているのか、自分に対して影響を及ぼすのかを考え、そうでないのであれば一歩身を引いて事態を冷静にみるようにしてみる。

自分に関係の無いことには悩まない

 大抵の場合は、自分にとって関係のないこと、自分に影響を及ぼさないことの方が多いように思う。自分のやるべきことに集中し、それ以外のことは極力関わらないようにした方が、精神衛生上良いように思う。

 おそらく自分はこれまで、自分にとってあまり関係の無いことにくよくよ悩んでいたように思う。その中に干渉する気持ちというのも入り込んでいたのだと思う。

 要はあまり気にしないことだと思う。これが一番難しいのだけれど、気にしないことに集中する。そして考え過ぎないこと。結局はそういうところに落ち着くのだと思う。

コメント