感情を取り繕わない

心の内面について

感情を取り繕うとすると心に無理が生じる

 変に感情を取り繕うとすると心に無理が生じてくる。相手が言ったことに対して、心に思っていないことであっても変に関心がある風に装ったり、笑顔でその場を取り繕うと、だんだん疲れてくる。身体がそういう反応をしていると、だんだん心の中もそういう考えに侵されていく。

 感情を取り繕わないと生きていけない、という訳ではない。取り繕わないと嫌われてしまうかもしれないが、それを恐れてはいけない。嫌われてしまうことはとても嫌なことだが、それで人生おしまいになることはない。

対処方法を考える

 感情を取り繕う時というのは、自分より上の人、例えば上司であったり、自分より権限や権威のある人に対して対応している時が多いと思う。そういう時というのは、自分には決定権がなく、かつ自分に対する評価を決められる場面である。

 私はそういう場面に出くわした時は、めっぽう弱くなるタチである。極端な時は媚びへつらう感じである。とても緊張し、喉が詰まってくる時もある。

 復職するとこういう場面にまた出くわすことになる。その時、どのように対応するか。

 こういう場面に出くわし、自分が感情を取り繕っているなと感じた時は、この取り繕っている状況を一歩引いて観察をするようにしたい。自分は本当はこのように感じているが、表に出している感情は取り繕っているな、と観察すること。

 そして、その状況をしっかり認識した上で、表に出している感情はそのままにしておくこと。決して反抗的になったり、不貞腐れることをしないこと。

 そのような態度を取ったりすると、俄然相手は攻撃的になる。なにせ相手は自分より権限があったりするので、最悪パワハラされてお終いになる。

 そうではなく、感情を取り繕うような場面に出くわした時は、一旦感情を置き去りにして冷静に自分を観察すること。そして、自分は今感情を取り繕っているなとしっかり認識した上で、表面上は取り繕うようにすること。

 心の底から感情を取り繕うとは決してしないこと。これが一番大事だと思う。感情そのものを相手に差し出さない感じ。表面上取り繕うようにし、相手を刺激しないよう努め、冷静に対処する。

 そうすることで、相手から精神的に支配されることなく、自分をそのまま維持できるのではないか、と考えている。

コメント