スポンサーリンク
仕事

50歳を過ぎ今の状態から脱出する方法を考えてみた

私は51歳のサラリーマンである。昨年(令和5年)の5月下旬から休職しており、もうすぐ1年になる。今年の3月から復職に向けて調整している所なのだが、まだ復職先部署が決まっていない。  復職しようと決心したのが今年の2月下旬だが、それまで色んな...
読書のこと

本を読むことについて

これまで読書といえば、啓発本や小説を読む事が多かった。特に管理職になってからは、管理職としての心構えみたいな本とかマネジメント系の本を読む事が多かった。  今読んでいる本はそういった啓発本ではなく、何かもっと本質的というか、生きる上で根本的...
仕事

仕事場での基本的な姿勢について

まだ復帰先の部署が決まっていないのだけれど、これから職場復帰するにあたって、これまでの経験を踏まえて仕事場での基本的な姿勢についてつらつら書いていきたいと思う。 好かれようとしないこと  周りから好かれようとしないこと。周りから好かれようと...
仕事

コミュニケーションを取る上で大切なこと

コミュニケーションというと、私がすぐにイメージするのは人との会話である。  会話といっても、仕事上の会話であったり親しい友人や家族との会話もある。時と場所によって言葉遣いも変わってくるし、イントネーションも変わってくる。  そういうコミュニ...
心の内面について

私が考えるこれからの生き方について

これからの生き方の整理から  今時点で私が考えているこれからの自分の生き方を書き出してみて、頭の中を整理したいと思っていた。書き出すことで、具体的にイメージしていきたいとの思いもあった。  まぁ、50歳を過ぎて、会社人生も終盤に差し掛かって...
心の内面について

人生というマラソン、ギアを一段落としてみる

何かに急き立てられてきた思いがする  これまでの私の生き方においては、何かにずっと急き立てられている思いがあった。それは、学生の頃であれば勉強をし試験で良い点数を取らなければならないとか、社会人になったら仕事を覚えて出世して課題を解決できる...
心の内面について

期待をしないで行動する

期待は他力本願的な気がする  これまでの私は、色んな本を読んでは、これは自分に合いそうか、これは何か自分を変えてくれるのではないかと期待していた。  本に限らず、誰かの言葉が何か自分に変われるキッカケを与えてくれるのではないかと期待していた...
読書のこと

実用的な本を読む

今は休職中なので、もっぱら図書館で時間を潰している。今は図書館を通勤先と見立てて、日中はそこで過ごすようにしている。  なので、本を読む時間はそれなりにある。久々に本を読んでいる。読むスピードは遅いけど、それなりに充実している。  今読んで...
心の内面について

決して焦らないこと

親父からのアドバイス  よく石の上にも3年という言葉がある。何事もある程度じっくり腰を据えてやらないと身に付かないということわざである。  自分が選択した道であるならば、ある程度腰を据えてやらないと道が開けてこないと、今までの経験からそう思...
仕事

社会の環境に適合する

今の社会の流れはとても早い  今の社会の流れは本当に早いと思う。私が社会人になった1994年(平成6年)からは、様変わりしてしまっている。スマホに代表されるIT機器の目覚ましい発展と比例して、様々な技術やサービスが生まれ、生活が豊かになって...
スポンサーリンク